佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 令和4年度 > アフリカにおけるスナノミ感染症予防技術の開発プロジェクト! クラウドファンディングを開始しました!!

令和4年度

アフリカにおけるスナノミ感染症予防技術の開発プロジェクト! クラウドファンディングを開始しました!!

本校学生有志で活動する「ファインバブルLab」がアフリカ等で流行している「スナノミ症」という小さな虫(ノミ)が原因で発症する感染症を「ファインバブル」という小さな泡の力で予防しよう!と寄附型クラウドファンディングを令和4年12月21日より開始しました。

「ファインバブルLab」メンバー



 

◆クラウドファンディングの概要

タイトル: アフリカにおけるスナノミ感染症予防技術の開発プロジェクト

受付期間:令和4年12月21日~令和5年3月31日

目標金額: 3,000,000円

資金使途:

①ケニアへの渡航費 一人当たり50万円程度(航空券代、宿泊、移動費、ワクチン代等)×5名

②ファインバブル発生装置の開発費、国内活動費(交通費)等
 

クラウドファンディングサイト:

キャンプファイヤー
https://camp-fire.jp/projects/view/611049

文部科学省寄附ポータルサイト
https://www.mext.go.jp/donation_portal-site/sunanomi.html

 

アフリカを中心に蔓延している「スナノミ感染症」は、乾燥した砂地に生息するスナノミが人や動物の足の皮膚に噛みつき潜り込む皮膚の感染症です。ケニア共和国におけるスナノミ感染症の推定罹患者は約200万人で国民の4%にのぼります。(JICAによる)この感染症に対して治療薬や殺虫剤による予防が行われていますが、普及しておらず解決に至っていません。
本プロジェクトでは清潔な水や安定的な電源が確保できないような環境においても使用可能なファインバブル発生装置を開発し、スナノミの感染予防を行います。
次なる目標は、「スナノミが生息しているケニアでの実証実験を行うこと」です。
この活動にご賛同いただけますと幸いです。